これからの時代の永代供養

核家族化し、地方から都会へ出てくる人が増え、地方は徐々にお年寄りだけが住んでいるという状況が続いています。

産業関係では、山の葉を材料をしてビジネス展開するところや、山菜取りの代行サービスなどで、田舎を活性化する知恵や工夫が生まれてきていますが、これらとて人が住むところを今の状態から変えるというところまでは行かないようです。

便利な海洋葬なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

さて、本題の永代供養ですが、こうしたことからすると、特に地方においては考えなければならないことがあります。

亡くなった方の供養とか法要ということ、お墓参りなどを考ええると遠く離れたお寺さんで、今まで通りの方法を続けることが難しくなっていくというとです。

東京の永代供養墓について説明致します。

それでも身内の誰かしらかが住んでいればともかくとして、その人もいなくなれば、お墓を守るということ自体も難しくなってしまうからです。

四日市で葬儀の事前見積りの様々な情報を掲載しています。

したがって、都心に住む長男などの然るべき人は、都心に居たままで何とかしたいと思うのは無理からぬことなのです。


いきおい団地式の納骨堂とか、機械装置のついたマンション式の仏壇のあるところを志向します。

https://matome.naver.jp/odai/2141439686359666301

そして、そういう施設では、事情を承知しているので、ご縁ができたときに、一定のお金を用意すれば、お彼岸もお盆も然るべく対処してくれ、もちろん永代供養も引き受けてくれるというわけです。
この傾向は、これまでの葬儀にかかる費用が、他の冠婚葬祭の費用と比較して高いという印象からすると、増加傾向にあるでしょう。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/research/vol24.html

となると、今度は地方のお寺さんが今まで通りではなく、永代供養などの様々なことに関し、やり方を変えないとお客様がなくなることを意味しています。
仏さんのことである、仏事のことでもあるのですが、お客様の心を大切にして、それに取り組むことも、また仏道と言えるのではないでしょうか。

https://okwave.jp/qa/q5232715.html

関連リンク

  • 死者があの世で成仏するためには、現世の人間が追善供養を行うことが必要とされます。成仏という概念は仏教によって形成され、古代の昔から伝統が受け継がれています。...

  • 近年は核家族や高齢者夫婦など家族形態が変化していることから、お墓の維持に困る人が増えてきています。一般的にお墓に納骨すると、家族が代々供養していく必要がありますが、お墓を託す家族がいなかったり、子どもや孫にお墓の世話をさせたくないという考えの人、無宗教の人も多くなってきています。...