永代供養に秘められている深い意味

永代供養とは、永代橋の橋供養を行うことではありません。



仏教の寺院において、僧侶が読経をあげて忌日供養などを行うことです。

永代とは永遠を意味する用語ですが、菩提寺が存在する限りにおいて供養を続けることも意味しています。



一般的には33回忌の時点で弔い上げとなりますから、それまでは確実に供養してもらうことも意味します。


永代供養の形式は宗旨宗派によって違うものですが、仏法を尊重して供養することは同じです。
仏教の長い歴史の中で、先祖を崇拝する伝統も加えられて独自な文化となっています。

日本では江戸時代から先祖崇拝をする伝統が庶民の間で根付き、一家に一つの墓を設けるようになりました。
墓を建立してからは、年忌法要を行うと同時に、永代供養を33三回忌まではしっかりと行っていくことになります。



33回忌が過ぎた場合には、遺骨を土に還す風習もあります。



永代供養が行われる背景としては、死後も幸福を祈りたいとする精神が根底にあります。
誰でも死ぬことは怖いものですが、死後も追善供養をしてもらえる安心があるために、仏教に帰依することができます。

圧倒的な包容力を持った仏の慈悲によって、天国で成仏できると信じることも可能です。
永代供養は残された家族が行う大事な役割ですが、少子化の現代においては困難となっています。



そのため、墓の継承者がいなくても利用しやすい墓地の形態も確立されています。


寺院の努力もあって、先祖崇拝の伝統が守られているのは素晴らしいことです。



関連リンク