亡くなった人の冥福を祈るための永代供養

死者があの世で成仏するためには、現世の人間が追善供養を行うことが必要とされます。



成仏という概念は仏教によって形成され、古代の昔から伝統が受け継がれています。

人が亡くなった後には、忌日法要などを行う習慣がありますが、大きな分類の中で永代供養とも呼ばれます。
基本的には、死者の冥福を祈るために寺院が読経をあげることです。



彼岸やお盆などに読経をあげてもらい、塔婆を立てる文化も同様です。

永代供養の習慣が庶民の間でも一般的になったのは、徳川幕府が統治を行った江戸時代であります。


江戸時代には強制的に寺院の檀家になることが命じられ、自然と仏に帰依する精神が根付きました。



亡くなった後の節目に石塔を立てる習慣が根付き、今日の墓地の原型が作られました。


江戸時代の人にとっても死後の世界が気になるものですから、永代供養を行ってもらいたいと願う人も増えました。
永代供養の環境は、現代には大きく変わっています。



最近の少子化の影響で、墓の継承者不足が深刻になっています。

立派な墓地を作ったとしても、継承者がいなければ困ったことになります。

墓地によっては、縁者がいなくなった墓石は撤去されることもあります。



そのため、継承者がいなくても寺院が供養をしてくれる永代供養墓の需要が高まっています。寺院によって形式に違いがありますが、身寄りがいない人でも利用しやすいことは同じです。
宗旨宗派に関係なく利用できることも多いため、今後も人気の墓の形態となります。



関連リンク