宗派を問わない永代供養墓

近年は核家族や高齢者夫婦など家族形態が変化していることから、お墓の維持に困る人が増えてきています。
一般的にお墓に納骨すると、家族が代々供養していく必要がありますが、お墓を託す家族がいなかったり、子どもや孫にお墓の世話をさせたくないという考えの人、無宗教の人も多くなってきています。



そのような人たちに利用されているのが永代供養墓です。

永代供養墓とは、お墓を維持する家族がいない人に代わって、寺院が永代に渡って供養してくれるというお墓のことです。



一般的に、宗派、宗教を問わず、他の人と一緒のお墓に納められる納骨方法となります。



またお墓代はかからず、最初に一式料金を払えば、お布施や管理料、寄付金などは必要ありません。


供養は、お彼岸やお盆、または月1回など寺院によって異なりますが、定期的に行ってくれます。
ですから永代供養墓を利用するメリットは、お墓を管理する必要がないということです。
お墓の管理を任せる人がいない、子どもや孫に負担をかけたくないという人におすすめです。



また、墓石を用意する必要がないので、経費が安くすむことがあげられます。



他にも無宗教でどこかの檀家に入りたくない、という人にも利用されています。基本的に一度納骨すると他の人の骨と一緒になるので、取り出すことはできません。

永代供養の方法は各寺院によって異なるため、供養の方法が気になる場合はきちんと確認することが大切です。



生前予約できるところもありますが、残された方の気持ちの問題もあるので、家族とよく話し合って決めることがおすすめです。

関連リンク

  • 近年は核家族や高齢者夫婦など家族形態が変化していることから、お墓の維持に困る人が増えてきています。一般的にお墓に納骨すると、家族が代々供養していく必要がありますが、お墓を託す家族がいなかったり、子どもや孫にお墓の世話をさせたくないという考えの人、無宗教の人も多くなってきています。...

  • 永代供養とは、永代橋の橋供養を行うことではありません。仏教の寺院において、僧侶が読経をあげて忌日供養などを行うことです。...