永代供養の意味と利点

永代供養とは元来、子孫がその一族のお墓を永代に亘って守り、供養していくという意味を持っていましたが、現代においては寺院や霊園管理会社、あるいは公営の合葬式墓所にその役目を肩代わりしてもらうという意味になってきています。



永代供養墓の種類は外観から分けると、合祀墓と集合墓、個別墓に分ける事ができますが、合祀墓であっても個別納骨壇や個別納骨棚に納骨されるシステムもあったり、共同カロート(共同納骨棺)に納骨されたりとさまざまなパターンがあるようです。このように多様化した中から、故人に合ったスタイルを見つける事が可能になってきます。
永代供養の契約をする際に注意しておかなくてはいけないのは、供養してもらえる期間の確認です。


永代という文字から半永久的に管理、供養してもらえるのを期待している人も多いと考えますが、実際は期限が切ってある場合が多い様です。



たとえば、骨壺のままで個別に永代供養してもらえるという場合では、三十三回忌までという期限が切ってある場合が最も多くて、その後は骨壺から遺骨を出して合葬にされます。



その後も寺院が存続する限り、管理、供養されていきます。



永代供養墓の供養については毎年、春彼岸、お盆、秋彼岸に合同法要を行う所が多く、祥月命日や年回忌の供養については希望があれば行ってくれるところがほとんどですが、その場合の費用は別に必要となります。



お墓をみる人がいる間はその人も供養して、いなくなれば寺院などにお任せするというのが良いのかもしれません。



関連リンク

  • 永代供養とは、永代橋の橋供養を行うことではありません。仏教の寺院において、僧侶が読経をあげて忌日供養などを行うことです。...

  • 永代供養とは元来、子孫がその一族のお墓を永代に亘って守り、供養していくという意味を持っていましたが、現代においては寺院や霊園管理会社、あるいは公営の合葬式墓所にその役目を肩代わりしてもらうという意味になってきています。永代供養墓の種類は外観から分けると、合祀墓と集合墓、個別墓に分ける事ができますが、合祀墓であっても個別納骨壇や個別納骨棚に納骨されるシステムもあったり、共同カロート(共同納骨棺)に納骨されたりとさまざまなパターンがあるようです。...